バルトレックスとテトラサイクリンと統計について

統計によると、日本では性感染症にかかる若い人が増えています。
昔と違い、セックスに対する危機感が薄れ、不特定多数の異性と性行為を行う10代の若者も少なくないのです。
性感染症の知識を持たずに性行為をすると、女性の場合、不妊症になるリスクもあるので注意が必要です。
日本の性感染症で多いのが、性器クラミジア感染症です。
性器クラミジア感染症は、感染しても自覚症状がないケースが多いので、感染が広がりやすいのです。
女性がクラミジアに感染すると、子宮頸管炎を起こします。
黄色いおりものが出て、腹痛などの症状が出ることがありますが、無症状の人も多いです。
進行すると、不妊症の原因となることもあります。
男性がクラミジアに感染した場合は、まず尿道に感染するため、尿道炎になります。
症状が悪化すると、精巣上体炎が起こり、高熱が出ると無精子症を発症することがあります。
性器クラミジア感染症は、テトラサイクリン塩酸塩を成分とした治療薬を使うことが多いです。
テトラサイクリン塩酸塩は、細菌による感染症に効果的です。
クラミジアだけでなくマイコプラズマの治療にも使われます。
性器ヘルペスも、患者数が多い性感染症です。
単純ヘルペスウイルスに感染して発症する性器ヘルペスは、性行為で感染することが多いです。
性器ヘルペスは、性器にかゆみや痛みを感じ、水泡ができます。
人によっては、微熱が出る人もいます。
ヘルペスは、子供の頃に感染した人は、軽い症状で済むことが多いのですが、大人になってから感染すると、症状が重くなることもあります。
性器ヘルペスの治療に使われることが多いのが、バルトレックスです。
バルトレックスの成分であるバラシクロビル塩酸塩は、単純ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。

ページの先頭へ戻る