バルトレックスと肌荒れとリハビリについて

肌荒れがなかなか治らないという場合、感染症にかかっている可能性が考えられます。肌荒れの原因となる感染症といってもいろいろありますが、ヘルペスウイルスは大きな水ぶくれを作ってしまうことがあります。ヘルペスウイルスはもともと人間の皮膚に存在するウイルスであり、普段は特に何も起こりません。しかし、免疫力が低下するとヘルペスを発症し、水ぶくれや肌荒れなどの症状が出てしまうのです。このウイルスは完全に除去することが難しく、治ったと感じても再発しやすいことが特徴です。子供の頃に水疱瘡になったことがあるという人も多いでしょう。ちなみに、水疱瘡のウイルスは神経が多く集まっている神経節に潜んでおり、疲れや怪我、病気などが原因で免疫力が低下した場合、ウイルスが活性化してしまうこともあります。額や瞼などに肌荒れが起きた場合は注意が必要であり、感染を予防するためには薬を使う必要があります。ヘルペスにはバルトレックスという薬が主に使われており、この薬にはウイルスDNAの複製を妨げるという作用があるため、ヘルペスの治療に高い効果を期待できるでしょう。ヘルペスにかかると1日2回バルトレックスを1錠飲みますが、副作用も少ないので効果的な治療方法として知られています。最近ではリハビリという言葉を聞くことが多くなったでしょう。リハビリの定義は難しいのですが、基本的には病気などにかかった人が元通りの生活に戻ることを意味しています。元通りの生活とはその人自身の昔の生活であり、その社会の人が一般的に行っている生活のことを言います。リハビリには理学療法と作業療法、言語療法という3つの種類があり、状態に合わせて種類を決めていくことになります。

ページの先頭へ戻る