バルトレックスと高熱と抗体について

性器ヘルペスはヘルペスウィルスに感染すると発症し、感染して2日~2週間程度で性器周辺に症状が出てきます。性行為によって人から感染するのですが、最近では10代や20代の若者の間に広まっています。性器ヘルペスにかかってもバルトレックスなどの薬によって治すことが治すことができます。しかし、全てのウィルスを消滅させることは難しく、一度感染すると再発しやすい病気とされています。性器ヘルペスになると性器やその周辺に赤いブツブツや水ぶくれができてしまいます。初めて性器ヘルペスにかかると痛みや高熱などの症状が出てしまうこともあります。2回目以降の場合は初めての時よりも症状が軽くなることが多いのですが、痒みや痛みが気になる場合は薬を処方してもらうと良いでしょう。性器ヘルペスはウイルス保有者との性行為によって感染することがほとんどですが、それ以外で感染してしまうこともあります。ウイルスの感染力が非常に強く、お風呂のイスやタオル、トイレの便座などから感染してしまうこともあるので注意しましょう。お風呂のイスに水やお湯を流すことで感染力は弱くなりますが、公衆トイレの便座から感染することなどもあります。性器ヘルペスにかかっても潜伏するウイルスを完全に退治することはできないとされています。しかし、バルトレックスなどの薬を服用することで比較的症状を軽くすることができるでしょう。バルトレックスはヘルペスの治療薬としてよく知られており、きちんと服用することで再発のリスクを下げることができます。また、バルトレックスは水疱瘡の症状を抑えるという効果もあります。しかし、水疱瘡は抗体ができていると感染しても発症しません。

ページの先頭へ戻る