ヘルペスの最初の5日以内にバルトレックスと出血

性器周辺に痛みがでているときには、ヘルペスに感染している可能性があります。ヘルペスはウイルスに感染することで発症する病気で、最初の症状は2~10日ほどで現れます。ヘルペスに感染しているときには、数日で症状がでてくることがほとんどです。性器付近や太もも、おしり、尿道などに違和感を感じるときには泌尿器科などを受診することがおすすめです。病院を受診すれば、ヘルペスの治療薬であるバルトレックスの処方を受けることができます。ヘルペスを発症してから5日以内にバルトレックスを飲むことで、ウイルスの増えるのを最小限に食い止めることができます。バルトレックスの服用方法は、性器ヘルペスの場合には1日あたりに2回1錠ずつを水と一緒に飲みます。バルトレックスは吸収率が高い点が特徴で、副作用を発症するリスクが少ないと言われています。ウイルスが増えるには体内でDNAの複製が行われますが、バルトレックスにはそれを阻害する効果があります。バルトレックスを服用したことによって発症する副作用としては、頭痛や眠気、胃腸症状などがあります。薬剤が消化器官で吸収されるときに、負荷がかかるために生じる症状が多くなります。代謝を早めるために薬を飲むときに水分量を多くして服用することで、胃腸症状が現れる確率を下げることが可能です。重い血液成分の異常としては、皮下出血などが起こることも考えられます。バルトレックスを飲むことで体調不良が現れたときには、速やかに病院に通って医師に相談することが大切です。過去にバルトレックスによる治療を受けたときに、アレルギーが出た経験がある人の場合には、最初にその旨を医師に伝えておくようにしましょう。

ページの先頭へ戻る