掻痒感で肌荒れだとヘルペス?バルトレックスで治療

バルトレックスというのは皮膚科でよく用いられる薬です。抗ウィルス薬であり、ヘルペスという皮膚の病気に対して用いられることが多いのです。このヘルペスという病気、誰もが感染する可能性があります。特に口唇ヘルペスは子どもの時に感染をして、体内にもう免疫を持っているということも。しかしながらヘルペスは一旦感染するとそのウィルスは体内の中でじっと潜んでいるのです。そのためもしも風邪をひいて抵抗力が落ちた時など免疫が少し下がったと感じることがあれば、ヘルペスが再燃することもあるのですね。ヘルペスが一旦出てくると、はじめはその部分に掻痒感が出てかゆいなあと思う程度です。その後その部分が肌荒れを起こしたようになり、その内、水泡を形成するようになります。この時に水泡が出来た時点ですぐにヘルペスだからと周りへの感染に気を付けるといいのですが、はじめはなぜか理由が分からず、ただ掻痒感があり、肌荒れと勘違いして掻き毟る人もいるのですね。掻痒感がある時は感染力も高いので、周りの人への感染に気を付けなくてはいけません。また肌荒れをしたなと思った時には、早めに病院にいくといいでしょう。病院にいくとヘルペスには抗ウィルス薬のバルトレックスが処方されることがルーチン化しています。そのためにすぐに飲みはじめることが出来るのですね。ヘルペスが出来てしまった後でもバルトレックスを飲みはじめると症状を軽減させることもできます。また他の人への感染も注意することが出来るのですね。そして何も治療をしないと長引いたり、あとが残ったりすることもありますが、バルトレックスで治療を行うと、早く治癒することもあります。そのために早めの対処が大切なのです。

ページの先頭へ戻る